氣のコラム

気功術父親に氣を送る実習

コミュニケーション上手になる「共感力」の磨き方6月18日は、父の日です。母の日に比べると知名度が低く、母の日にはプレゼントを送っても、父の日にはなにもしないという方も多いそうです。仕事が忙しくてなかなか家族と同じ時間を過ごせなかったり、口数が少なくてコミュニケーションがとれなという理由から、父の日にあえて感謝の気持ちを表したいと思わない人も多いようです。家族のために一生懸命はたらいているのに、少しかわいそうですね。

今回は、家族のために働くお父さんに、氣のミュージック音氣)を利用して、良いエネルギー「プラスの氣」を送る実習をしてみましょう。お父さんが遠く離れた場所にいる場合でも氣を送ることができます。

氣を送る準備

  • 椅子の背に、背中をつけずに少し浅めに腰掛けて、上半身を動かせるようにします
  • 手は手のひらを上にして、膝の上にかるく置く
  • 背筋を伸ばし、軽く目を閉じる
  • ゆっくり呼吸をくりかえす
  • 音に耳を傾け、エネルギーが少しずつ身体のなかに集まるようイメージします

氣を集めてみよう

  • 頭のなかで、はるか遠い宇宙から、エネルギーが自分のなかに集まってくるイメージをしましょう
  • 身体の隅々にまで注意して、身体の変化に意識をかたむけましょうく
  • 咳やあくびが出たら、マイナスの氣がでていく合図です。ガマンしないで出すようにしてみましょう

お父さんに氣を送ってみよう

  • 引き続き音氣を聞きながら、お父さんにしてもらったことを考えましょう
  • 次に、お父さんにして差し上げたことを考えます
  • 最後に、お父さんに迷惑をかけたことを考えます

このように、氣を集めてプラスの氣を高めながら、お父さんに氣を送ってみましょう。

詳しくは、中川雅仁の「今日も一日、い氣い氣ラジオ」をお聞きください。

TOP
真氣光で、“氣”のエネルギー補給をしてみませんか?