氣のコラム

旬の話題知っておきたい、お盆の過ごし方

知っておきたい、お盆の過ごし方お盆と言えば、1年で1番暑い時期に「お盆休み」がとれ、普段はなかなか行くことのできない遠方への旅行などを楽しまれる人が多いのではないでしょうか。

しかしお盆とは本来、8月13日にご先祖様の霊を迎えに行き、お盆の間を一緒に過ごし、供養し、16日には送り出すというものです。
(※日程は地域によって違いがあります)

レジャーや疲れた身体を休めることも大切ですが、ときにはご先祖の供養に目を向けてはいかがでしょうか。

ご先祖様があなたを幸せに導くとは限らない

亡くなったご先祖様たちはいつでも自分を見守り、助けてくれている存在だ………。先祖について、そんなふうにイメージしている人が多いのではないでしょうか。もちろん、まちがいではありません。あなたを悪いことから避けるように応援してくれているご先祖様もたくさんいます。一方で、そうしたくてもできないご先祖様も少なくないのです。恨みや悲しみを抱えたまま亡くなり、辛いままの時を過ごしているご先祖様。これらのご先祖様の魂は、マイナスの氣となってあなたの意志に反する行動をとらせ、あなたが幸せになる妨げとなってしまっていることがあるのです。

困ったり悩んだりした時にだけ思い出して「ご先祖様、助けて!」とお願いしても、そう都合よくは行かないものです。つらい思いを抱えたまま亡くなり、そのままの状態でいるご先祖様が、あなたを助けられるとは限りません。身体をなくしてしまった魂は、自分で自分の状態を好転させることはできないからです。現世の私たちには想像もできないほどの長い間、光の当たらない暗い場所で、寝ることも気晴らしすることもできず、恨みや悲しみを抱えたまま存在しているのかもしれません。

もしもあなたのご先祖様の魂がマイナスの氣となってしまっていたとしたら、ご先祖様があなたを助けるのではなく、あなたがご先祖様の魂を助けてあげる必要があるのかもしれません。

ご先祖様に光をあてて、マイナス氣をプラスに変えることができる

ご先祖様の魂がマイナスの氣となって、あなたを応援するどころか足を引っ張るような存在になっていた場合、どうしたら良いのでしょうか。

現世で生きているあなたであれば、ご先祖様の魂に光をあててプラスに変えることができます。プラスの氣を送ることで、つらい思いをしているご先祖様の魂に光が届き、マイナスの氣にとらわれた状態から脱することができます。そうすることで、プラスの氣となり本当の意味で、あなたを応援してくれるようになるのです。

お盆といえば送り火や迎え火などが思い浮かびますが、形式だけの供養をしても、ご先祖様を思いやる心がなければ意味がありません。儀式がなくてもご先祖様を思いやり、感謝することで、良い氣を送ることができます。供養というものは、儀式よりもまずはそういった想いが大切なのです。

ご先祖様の誰か一人がなくても、あなたという存在はありません。あなたが生まれて生きていることを感謝すること。また、あなたが会ったことのあるご先祖様に対しては、実際にしてもらったことを思い出して、感謝の気持ちを送りましょう。

音氣などの真氣光を受けながら行うと、ご先祖様により強く感謝の思いが伝わります。お盆をきっかけにして、ぜひご先祖様を思う機会にしていただければと思います。

TOP
真氣光で、“氣”のエネルギー補給をしてみませんか?